September 10, 2012

何から何までわからない!

初めての出産ってことは当然初めての子育てなわけで。

何から何まで、全く分からないのです。



赤ちゃんっておっぱいを口に持っていけば勝手に吸うもんだと思ってた。
現実は違う。

生まれたての赤ちゃんってのは目が見えてない。
嗅覚と触覚でおっぱいをさぐりあてるんだとか。

ママはそのお手伝いをしないといけないんです。

授乳クッションは大切。
後、私のように背の低いママは病院ベッドでは足が届かないので慣れるまでは足置きも助かる。
うちの病院には置いてあった。


さて、私はプロじゃないので受け売りですが、
授乳スタイルには大きく3種類あるらしく
・わき腹に抱えるフットボール抱き
・胸の前に横に抱く横抱き
・ひざに座らせて吸わせる縦抱き

一つのやり方ばかりだと全部のおっぱいが吸えないので乳腺炎になるようで、
できるならこの3つを駆使していろんな角度からおっぱいを吸わせるのがベターなようだ。

説明を聞くとできる気がする。

でも、赤ちゃんは首も座ってないし、吸うことしかできないのである。

まず、赤ちゃんの口に乳首をあててやると、本能からか口を開く。
ちょっとおっぱいを乳首ににじませると匂いで乳首にむかってくるんだけどね。
その口を開いたタイミングで乳首を口に入れてあげるんだけど、これが本当に難しい。

赤ちゃんの上あごはくぼんでいる。
そのくぼみに乳首を押し当て、舌でしごいておっぱいを飲むんだって。
私もおそらく赤ちゃんの時は誰にも教わらずにできていたはずなんだけど、わかんない。

で、その挿入角度というか、深さが大切なのである。

乳首を浅くいれると、そのくぼみまで到達していないので赤ちゃんはうまく吸うことができないらしい。
そもそも、赤ちゃんがおっぱいを吸っているときは真空状態っぽいので、一度吸い疲れたらすっぽんのように離れないし、
強引に引っ張ると乳首が伸びる。

これ、ほんと。

そして激痛が伴う。
(外し方を教えてもらうとすげー楽なんだけどね。)



初めてでまだおっぱいがきちんと出ているかもわからいのに、
きちんと吸えているかなんて感覚でもわからない。

だって、乳首はちゃんと吸われてるんだ。
それがちゃんとした位置なのか浅いのかなんてわからない、はじめてだもの。


私の場合まだおっぱいの量が出てないってのと、位置が悪かったのとで、
入院生活5日間はあげてもあげてもお腹がすいて泣くのでミルクを作ってもらうって感じでした。

24時間で授乳回数20回の日もあったし←徹夜
授乳時間かたっぽのおっぱいで1時間って日もあった。←普通は10-15分で切りあげる

ちゃんとした位置になるまで外して入れて何度もチャレンジしてとか言われるけど
”ちゃんと”ってどの位置よ?!


で、結果。


両乳首がぱっくりと割れました。


裂傷です・・・


ブラには血が滲み、痛みでおっぱいあげるの本当に嫌だった。
起きないで起きないでって思ってた。



ケータイで授乳動画調べたり、おっぱい出る方法検索したりしまくってた。



今思うと笑えるけどホントに大変だった。




もちろん乳首が割れたのも検索。
みんな割となっているようで羊油や馬油がいいらしい。
赤ちゃんがなめてもいいみたいだしってなわけで旦那に買ってきてもらう。
ラップで包むといいと聞いて、ビニールで代用していた。


日によって助産師さんや看護師さんが違うから指導方法も別々で混乱した。
やっぱ自分の信念は貫かないとな、自分のことだから。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/loveless_zero-alice/17288282 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔